スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナウシカの原作漫画

以前から読みたいと思っていた、
「風の谷のナウシカ」の原作の漫画(豪華装幀本)を図書館で借りることができました。
予約していたときは、全7冊の漫画が上・下巻の2冊にまとまっていると知って、
どんなに分厚いのか・・・と思っていましたが、
本を受け取りに行ってびっくり!
分厚いというより、まず本がデカイ!

↓約30.5×22×5cm
風の谷のナウシカ

数日かけて読みきりましたが、深いな~・・・と思いました。
戦争、環境問題、宗教問題、人種・職業差別、人のエゴや心の闇、生命とは・・・
さまざまな問題を強く考えさせられる内容だと感じます。
映画版とだいぶストーリーが違うものの、似たシーンが多く出てきて、
発見がいろいろありました。
漫画は中断時期を含めて13年かけて連載され(1982~1994)、
映画はその途中で作られた(1984公開)、とのこと。

「カイに乗るナウシカ」を作りながら、服装などを調べていたとき、
「どうして手袋の色の解釈が複数あるんだろう?」
「服の装飾が劇中と違うような・・・?」
「そもそも、ナウシカってカイに乗ってたっけ?」
と、いろいろ疑問があったのですが、原作を読んで解決しました。

↓プラモの説明書の写真(手袋が水色の地に白)
ナウシカ説明書写真

↓原作漫画のピンナップより(手袋が白地に水色)
ナウシカピンナップ

ナウシカがカイに乗るシーンの初出は、
最初の戦いに出て、オームの子を助けた後、
(映画のストーリーが大部分終わった後、という感じです)
再度、戦いに出るときの装備を整えたところなので、
青く染まった服の胸に弾丸を入れるところを付け、すそを切って帽子を作り、
アスベルがシャツを切って巻いてくれた包帯をお守り代わりに腕に巻き、
城ジイ達が自分の手袋やズボンをリフォームしてくれたものを身に着けています。
戦闘用の額当て(銀色の兜)をつけるのは、
そのさらに後で、再度カイに乗って出陣するときの装備です。

これを知って、それまで手袋の色は説明書の写真のように塗っていましたが、
白地に水色の飾りになるように、塗り直すことにしました。

プラモの資料としても発見がいっぱい!
興味のある方は、ぜひ読んでみることをお勧めします。
私も、豪華装幀本はちょっと手が出ないけれど(新品2冊で1万2000円弱)、
ワイド版の7巻セットとか、買ってみようかな・・・



スポンサーサイト

風の谷のガンシップ1(プラモ)

「カイに乗るナウシカ」もまだ完成していませんが・・・
ナウシカに出てくる戦闘機、「風の谷のガンシップ」を作ることになりました。
しかも、なんと頼まれ物です。

↓1/72スケールということですが、結構大きそう。
ガンシップ(キット)

↓ナウシカとミトは、とっても小さい! しかも茶色一色・・・
ガンシップ(フィギュア部分)

↓説明書です。塗装がなかなか難しそう。
ガンシップ(説明書)


そして、仮組みをしてみました。

ガンシップ(仮組み)

ガンシップ(仮組み)

全体的に、それほどパーツは多くなく、複雑ではなさそうですが、
人物とコクピット周りの細かさが一番の難関でしょうか。
キレイに仕上げたい!!
プロフィール
AKI
絵を描いたり小物を作ったりすることが好きです。
最近は天然石ビーズアクセサリーとプラモの制作が多め。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

写真・イラスト販売ページ

◆PIXTA (ピクスタ)
◆photolibrary (フォトライブラリー)
◆iStockphoto
◆Fotolia (フォトリア)
◆123RF
◆TAGSTOCK (タグストック)
◆Shutterstock (シャッターストック)


「PIXTA」「photolibrary」
「TAGSTOCK」「iStockphoto」ではJPEGデータ、
「Fotolia」「123RF」
「Shutterstock」ではJPEGの他にベクターデータ(Illustratorなどで編集可能)も販売しています。

※このブログに掲載している画像の無断使用を禁じます。
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
モデラーズギャラリー
リンク
ランキング

関連商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。